『空手道修武会』 松元和成の Best Day, Yet !

修武会代表・松元和成の空手道活動誌。毎日「Best Day, Yet!」と言えるよう日々精進!

ヘルニア

上級コーチ専門科目(空手道)初日

1969d09f.JPG ANA一番機、8時発の飛行機でセントレア空港まで。危うく乗り遅れそうになるも、何とかセーフ。名古屋駅で弟と待ち合わせ、新幹線で浜松まで。

 講習会には18名が参加。顔見知りの先生方が半分。

 講習会初日は、松濤館流、津山捷泰先生の実技講習。お兄さんの克典先生の基本練習の講習会は受けたことがありますが、今回の講習会は、全く似たようなもので(兄弟だから当然と思いますが・・)、改めて基本練習の大切さを再確認することが出来ました。

 基本練習の後、第2指定形の「エンピ」の講習会。

 今回の講習会最終日では、実技試験で、他流派第2指定形をしなければならないため、皆真剣そのもの。不思議なことに、私も2回目で順番を覚えてしまいました。

 夜は、豊嶋先生の救急処置法(心肺蘇生法)の講習会。ダミー人形を使った実技を各自2回づつ行って終了。

 その後、弟たちと呑みに出かけ、1日目は無事終了しました。

 

はまなす杯 第1回全国中学生空手道選抜大会結果

fdab1ddc.jpg 報告が遅くなり申し訳ありません。

 3月28日から30日まで、北海道北広島市で開催された、第1回全国中学生空手道選抜大会に、当道場から尚武と坂元聖哉君が出場しておりました。

 結果は尚がベスト32、坂元君は残念ながら2回戦で負けてしまいましたが、二人とも北の大地でいい経験をしたことと思います。応援をしてくださった皆さん、ありがとうございました。

 修武会トップページに写真貼り付けました。大会のHPは後日更新します。もうしばらく時間をください。

課題・デスクワーク!

 昨日は一日中雨で散歩できず。今朝は一番でマーブルと散歩に。

 堤防一周約4Km、途中膝の裏が痛くなりましたが何とか大丈夫でした。(途中軽く走ろうとしましたが、さすがに無理でした・・。)

 午後から久し振りにパソコンを集中してやる。たまっていたブログを一気に書き上げる。(入院中シグマリオンに記録していました。)貴重な?記録ですので、皆さん是非ご覧ください。

 ところで今、何がつらいかと言えば”座る”ことなのです。

 背中、肩がつるの痛いのなんのって!仕事復帰には、この”座る”ことを乗り越えることが条件です。

 HPアクセス数も日に日に落ちています。明日からリハビリを兼ねてデスクワークに取り組みたいと思います。修武会のHP頑張って更新しますので、またよろしくお願いします。

手術DVD

6d20893d.jpg たいした世の中だ。自分の手術の模様をDVDで見れる。退院時に病院からもらっていたので、今日じっくり見てみた。

 内視鏡手術(MED)で傷口はわずか1.8cm程度。そこからカメラやメス等を差込みモニターを見ながらヘルニアを摘出する。その模様が克明に記録されている。

 私の手術時間はわずか1時間足らず。最初は骨を削ったり、黄色靭帯や脂肪(?だと思います。)をむしりとったり。そうこうするうちに大きな神経が2本現れる。どちらかが馬尾神経でもう一方が神経根であろう。

 その神経を慎重にめくると、癒着していた(憎っくき!)ヘルニアがあわられる。まずそれをつまみ取る。また骨や靭帯を削り、線維輪まで到達。神経をめくりながらそれにメスをいれ、今度は硬くなっている古いヘルニアを何度も何度もつまみ出していく。

 傷のついた線維輪は約6週間で元に戻るそうです。

退 院 !

 長かった入院生活。社会人になってはじめての体験。ようやく今日で終わりである。

 自宅療養を含めて読破した本29冊、観た映画20本。せっかくの自由な時間を、ただ寝たきりの生活では意味がないと思っていたので、自分なりに満足できる充実した入院生活であった。

 午前中、リハビリを済ませ今後自宅でのリハビリ方法の指示を仰ぐ。院長の診察、会計支払い、これまでお世話になった看護士、患者さんに挨拶をすませ、11時過ぎ病院を出る。

 帰途、長くいけなかった墓参りを済ませ、どうしても食べたかったラーメン屋へ寄ってから帰宅。

 やっぱり家が一番です。夜は早速焼酎でカンパイ!

読書9

 ようやく「翔ぶが如く」6巻終了。まだ4冊あるが、入院中は無理である。退院後ボチボチ読もう。

 「翔ぶが如く」はいわずと知れた明治維新後西南戦争へ移行する、鹿児島県や西郷隆盛を主題にした小説。西田敏行が西郷さん役のNHK大河ドラマで、鹿児島弁に字幕が付せられ笑わせられたことは記憶に新しい。

 我が故郷の小説で、いまだに読んでいなかったことが恥ずかしいくらいだが、あと4巻なので読破したいと思う。でも、今までのようなペースはちょっと無理だな・・。

 今日は最後のレントゲンと採血検査。ともに異常なし。いよいよ明日は退院。

 

院長回診

 昼間屋上を散歩していると看護士が至急部屋に帰れという。院長回診があるらしい。

 経過観察と同時に、退院してもいい人に勧告?するらしい。

 前屈やベッドに寝て足上げなど診てもらうと、「あっ松元さん、もういいみたいですね!」ってことに。退院してもいいということである。

 術後まだ2週間足らず。あと10日くらい居る覚悟はしていたが、一旦退院の許可をもらうと一時も早く出たい気分になった。嫁さまと相談して8日に退院することが決定。

抜糸

3be098f3.JPG ようやく抜糸。まだ傷口は痛いがきれいに塞がっているようだ。これで風呂も湯船につかれる。

 午後から部屋の移動もあった。今度は最上階の4階へ。ここはほとんど手のかからない患者のみで、退院間近の患者が多い。リハビリの療法士とはあと10日くらいかな、と話し合っているが自分も近いのだろうか?

堤防散歩

7d49e85c.jpg 雨模様だったが気分がよかったので、朝堤防を散歩する。2km弱くらい歩く。

 今の自分には”歩けるのは当然”ではないので、歩けるのがこの上なく嬉しい。

一日の過ごし方

06355fde.JPG 6時起床。6時半朝のお茶。7時過ぎ朝食。10時まで読書。

 10時〜12時リハビリ。12時昼食。2時まで昼寝か読書。2時から30分程度風呂。その後夕食まで読書か昼寝。
 
 午後6時から夕食。8時頃まで読書。8時から9時までTV。9時消灯。たまに10時、11時頃までTV。
 
 2階には面会室(食堂)、4階にはホールがあり、そこは自由に使える。お茶も準備してあり、テレビもただで見れる。ほとんどの人は部屋に篭りっきりでほとんど使用しない。私は出来るだけここで過ごすように心がけている。

 一見退屈なようだが、やることを決めているので、時間が過ぎるのは結構早い。自分なりに充実している。
Profile
Profile
松元 和成
1965年7月15日生(O型)・鹿児島県出身

10歳より空手を始める。福岡県・公認8段位野上修一先生に師事。2000年道場設立。空手道を通じて青少年育成と海外ネットワーク作りに情熱を燃やす。

(資格)
(財)全日本空手道連盟3級資格審査員 
(財)全日本空手道連盟公認五段位(錬士)
日本空手道連合会錬士六段
(財)日本体育協会公認上級スポーツコーチ
(財)全空連 公認全国組手審判員
(財)全空連鹿児島県空手道連盟副理事長

(経歴)
1997 国際交流基金・バングラデシュ指導
2000 国際交流基金・ウルグアイ、ブラジル指導
2002 ワシントン州国際空手道大会優勝
2004 サンフランシスコ空手ホームステイ交流事業実施
Archives
  • ライブドアブログ