『空手道修武会』 松元和成の Best Day, Yet !

修武会代表・松元和成の空手道活動誌。毎日「Best Day, Yet!」と言えるよう日々精進!

国際交流

韓国交流打合せ

 今夏、韓国からアン君をホームステイで受け入れた。今度はそのお返しにということで、向こうからお招きが。子供たちに「行きたいか?」と聞いたら、尚が「行きたい」と。

 今日はその打ち合わせ。韓国では儒教の教えで、先輩後輩、目上目下の関係が非常に厳しいそうです。日本も見習わなければ・・。

 夜は城西高校の田布尾君が遊びに来てくれた。国体のビデオを持ってきて見せてもらったが、若い審判員が増えていたように思えた。

 来年A級、チャレンジしようかな?

鹿屋道場

338f224a.JPG 日焼け跡が痛い。こんなに焼けているとは・・。あほでした。

 鹿屋道場にて、「先生!そうしたんですかぁ〜!!」って皆に驚かれる。

 それでも頑張って指導。バッサイダイやりました。

 今日から8月、今月は中学生の全国大会がある。私は審判員で参加する予定だ。頑張ります。

鹿屋道場

 仕事から若干遅れて到着。セミナーで習った組手の基本を練習。

 一般の練習が済んでから、居残り組で形の練習。明日の中体連に出る坂元君、県民に出場が決まっている荻原君を指導しました。

平戸セミナー 2日目

a869f134.JPG セミナー2日目。スキルアップトレーニングは器具を使わない筋力トレーニングの紹介。その後、クラスに分かれてセミナー。午前中は西村先生のセミナーを受講する。パンチングミットを使った練習方法の紹介である。

 西村先生の打ち込みは、常に全力である。”バッシッ!!”と思い音とともに、突き、蹴りがミットに食い込んでいく。私は”絶対にダミーにならない・・。”ように心がけている。仮に的がはずれても、「あっ!ごめん、ごめんねぇ〜」で終わります。(こわ〜)

2
 午後からはエリサ先生のセミナーに参加。こちらはパターン練習をいくつか。特に相手の上段蹴りを捌いての倒し、相手の力を利用しながら力に頼らず、自然な流れの中で相手を倒す術は、まさに武道そのもので、昨年のドリームマッチでその技を使い極めていたことを思い出すと、日頃のパターン練習がいかに大切であるか思いしらされた。チャンプほどいくつものパターンを繰り返し練習し、自分の得意技として持っているのだろうと実感した。

 昨年もだったが、夜に計画されていた花火大会、今年も雨天のため残念ながら中止。ホテルの宴会場で食事をとった後、2次会でスナックへ。西村先生夫妻、ジョージ先生、エリサ先生、他関係者多数、楽しく過ごしました。

 

2006サマーキャンプ in 平戸セミナー 初日

53c944e3.JPG 集中豪雨による被害が各地で起きているが、高速道路・えびの〜人吉間も不通。その区間は国道を利用し、人吉から再度九州自動車道へ。熊本は豪雨のため視界が悪い、50km規制でぼちぼち走る。

 セミナー開始時間を若干過ぎて平戸に到着。ジョージ、エリサ先生とは約1年ぶりの再会である。今日のセミナーは2時間。私はジョージ小高先生の上級者・指導者クラスに参加。

 ステップ練習(膝上げ中心)に始まり、蹴りへのコンビネーションに移っていく。丁寧な指導法でとても分かり易い。2時間の練習があっという間だった。

 ホテルに会場を移し1時間の指導者懇話会。エリサ先生とジョージ先生の実践を交えた意見交換会となった。ジョージ選手は昨年1年間は大会には参加せずに、今年の世界大会出場も4ヶ月前にようやく決心し、先週の全米選手権で代表権を獲得したばかりだそうだ。

 驚くことに今年の世界大会には、小高道場からは5名の選手が出場するそうである。1道場から5名!凄いですね。もちろんエリサ選手もです。

 その後講師を交えての懇親会。楽しい交流会となりました。疲れていたので早めに就寝、1日目が終わりました。
 
Profile
Profile
松元 和成
1965年7月15日生(O型)・鹿児島県出身

10歳より空手を始める。福岡県・公認8段位野上修一先生に師事。2000年道場設立。空手道を通じて青少年育成と海外ネットワーク作りに情熱を燃やす。

(資格)
(財)全日本空手道連盟3級資格審査員 
(財)全日本空手道連盟公認五段位(錬士)
日本空手道連合会錬士六段
(財)日本体育協会公認上級スポーツコーチ
(財)全空連 公認全国組手審判員
(財)全空連鹿児島県空手道連盟副理事長

(経歴)
1997 国際交流基金・バングラデシュ指導
2000 国際交流基金・ウルグアイ、ブラジル指導
2002 ワシントン州国際空手道大会優勝
2004 サンフランシスコ空手ホームステイ交流事業実施
Archives
  • ライブドアブログ