『空手道修武会』 松元和成の Best Day, Yet !

修武会代表・松元和成の空手道活動誌。毎日「Best Day, Yet!」と言えるよう日々精進!

焼酎

森伊蔵!

 焼酎仲間のYさんが嬉しそうな顔をしている。

 「松元さ〜ん!久し振りに、森伊蔵、当たりました!」

 そういえば、俺も電話予約してんだった。すぐに確認の電話を。

 珍しく一発でかかる。いつもの「申し訳ございませんが、生産本数の都合により・・・」ではない!「森伊蔵のお買い上げですね・・・!!」

 !!!当たった!

 初めて、電話抽選で、森伊蔵が当たりました!たまには、いいこともあるものです!

最近呑んでいる焼酎3

917bed12.JPG 「黒さつま」

 「佐藤」のレギュラー酒。ネットで誤って買ってしまった焼酎。(プレミア価格で)

 佐藤の”あらざけ”(38度)を呑んでいたら、旨かった!村尾は薩摩茶屋、魔王は白玉の露、それぞれレギュラー酒があるものです。

 ところで「佐藤」のレギュラー酒って何だろう?ということで調べたら、「黒さつま」だったわけです。
 
 生で呑むと、コクがあってしっかりしています。お湯割で呑みましたが、芋の風味はあまり感じられません・・風味がイマイチ・・という感じです。次回はロックで呑んでみます。

最近呑んでいる焼酎2

f8e1aa07.JPG 「武門 蔵番長」

 ネーミングは、なんだかパンチの効いた焼酎みたいですが・・。

 しかし、すっきりしていて上品な味わい。なんともいえない、贅沢な風味。

 「侍士の門」も上品でまろやかな焼酎ですが、個人的にはこちらの方が好きです。5〜6年寝かせたら、森伊蔵より旨い焼酎になりそうな気がしてやみません。

最近呑んでいる焼酎1

362925ba.JPG 「薩摩茶屋」

 3Mのひとつ、「村尾」のレギュラー酒。

 シンプルで昔ながらの風味がある。まろやかで優しい口当たり。芋の甘みが引き出されていて呑み易い。絶品!今、呑んでる焼酎の中で断トツです。

赤江

45f53ed2.jpg 明日は県の秋季大会。大隅道場の練習では最後の調整を行う。

 嫁さまは連合会の全国大会で大阪へ。夕食は長女の美咲が準備。

 昼間、「赤江」を買っていたので、一人で呑む。

 赤江も赤霧島と同じく、紫優(ムラサキマサリ)というアカイモを原料としている。赤霧島は入手困難なので、赤江を見つけたいと思っていたら、今日行った店で見つけた。

 う〜ん、まったく同じというわけにはいかないが、やはりワインのような風味は同じだ。若干、荒く甘すぎる感があるが・・。しかし、満足!

 明日の大会に備えて、早めに就寝。

行革飲会

 3月議会も本日で終了。仕事もひと段落したので、今日は行革課の飲み会。桜のちらほら見える部屋での飲み会、せめて一次会はスローペースでいこうと心がける。

 一次会は2時間半で切り上げ、2次会へ。ここになると4人に。途中で他の課の人たちとも合流し、3次会へ。ここでは3人に。3次会を出たのが午前2時。ここで帰るつもりであったが、「次に行く人〜!?」で「はい!」と手を挙げたらしい。4次会に突入。ところどころとんでいますが、4時まで飲んでいたそうです。
Profile
Profile
松元 和成
1965年7月15日生(O型)・鹿児島県出身

10歳より空手を始める。福岡県・公認8段位野上修一先生に師事。2000年道場設立。空手道を通じて青少年育成と海外ネットワーク作りに情熱を燃やす。

(資格)
(財)全日本空手道連盟3級資格審査員 
(財)全日本空手道連盟公認五段位(錬士)
日本空手道連合会錬士六段
(財)日本体育協会公認上級スポーツコーチ
(財)全空連 公認全国組手審判員
(財)全空連鹿児島県空手道連盟副理事長

(経歴)
1997 国際交流基金・バングラデシュ指導
2000 国際交流基金・ウルグアイ、ブラジル指導
2002 ワシントン州国際空手道大会優勝
2004 サンフランシスコ空手ホームステイ交流事業実施
Archives
  • ライブドアブログ