『空手道修武会』 松元和成の Best Day, Yet !

修武会代表・松元和成の空手道活動誌。毎日「Best Day, Yet!」と言えるよう日々精進!

2012年07月

インターハイ2日目&ノドグロ!

ds大会には、なんと宗家もお見えになられていました。

福岡県の森田選手の指導のためです。森田選手も、残念ながら4回戦で負けてしまいました。
しかし、わざわざ新潟まで指導にこられるとは、さすがです!



ng男子個人組手に出場した久永君も、残念ながら1回戦で負けたため、夜は焼肉やで反省会。

2次会は、尚と二人で居酒屋へ。昨日、やみつきになったノドグロの刺身と燻製を食べました!旨い!

新潟インターハイ初日

inhaさくら、これが高校生活最後の大会。1年生からこれまで、すべてのインターハイ、選抜大会に出場してきた。

いずれも上位入賞はならなかったが、出場できるだけでも立派なこと。今日は、思い切って最後の形を演武して欲しい。

一回戦の相手は、沖縄の選手。ともにバッサイダイであったが、0−5で敗退。早くも一回戦で敗れてしまった。

女子形は、(勝っていれば2回戦で当たる予定であった)古川かれん選手が優勝。

夜は、焼き鳥屋で反省会!

ko

右膝半月板水平断裂・・結果!

今日から、新潟インターハイに出かけました。

羽田で尚武と合流し、嫁さんは尚の大学や寮の見学へ、私は茅ヶ崎の整体院に半月板の診察に行きました。

結果、院長曰く「手術する必要はありません。膝の歪み、骨盤をはじめとするからだ全体の歪みを治せば膝の痛みはとれ、正座もできるようになります。」とのこと。

約1時間かけて矯正をしてもらい、若干、膝の痛みも和らぎました。これで、手術は回避することとしました。

皆さん、これまで心配をお掛けしました。これからは、大腿四等筋の強化、減量等を行い、膝をいたわっていきたいと思います。

夜は、親子三人で「十郎」で前夜祭!

Juro

全九州選手権2日目

全九州選手権2日目。

少年男子団体組手は、宮崎県が、成年男子団体組手は、代表決定戦の末、沖縄県が熊本県を下し地元優勝を飾りました。

個人組手は、内田雄大、宮本優選手等が優勝。

鹿児島県チーム組手団体戦、少年、成年ともに3位。

さくら、成績はイマイチ。あと、インターハイを残すのみとなりました。悔いのないように、高校生最後の大会を迎えてほしいものです。

ds

九州ミニ国体

国体の九州地区選考会を兼ねた、九州ミニ国体が沖縄で開催された。

さくらの出場する少年女子形の出場枠は2名。決勝に残らないと、国体切符は手にできない。

1回戦勝ち、二回戦福岡の森田選手と。

森田選手は、野上先生の教え子。残念ながら5-0で敗退。森田さんは見事優勝。

さくら3位決定戦。こともあろうか、五十四歩を一部間違えて敗戦、4位という結果に終わる。

この後、全九州選手権大会が開催され、再度、形の部に出場するが、これも2回線で長崎の選手に敗退。

夜は、九州8県が集まった歓迎レセプションが盛大に開催されました。

っさ

47歳!

高校九州大会。団体組手は、宮崎第一高校がアベック優勝。

長崎の藤原理事長に中華をご馳走になり、佐世保を後にする。

今日は、私の誕生日。もう、47歳になりました。

9時過ぎに帰宅すると、スリランカのインディカ先生から山のようなプレゼントが届いていました。

家族3人でささやかなお祝い。

bd

全九州高校空手道大会

kk昨日は、人生で、最大の落ち込みだったなぁ〜 ;;

夜は、西村先生御夫妻とスペイン料理店にて会食。

今日は、佐世保に移動し、さくらの九州大会の応援。

1、2回戦は勝ち抜きましたが、3回戦で沖縄の選手に敗退。残念。

夜は、福岡監督、伊藤先生と懇親会。

福岡リハ整形外科クリニック

昨年おおみそかに痛めた右ひざ。

2月1日、地元病院での診察は、”右膝半月板断裂”「あと一ヶ月くらい様子をみて、それでも痛ければ、再度来てください。」と言われていた。

その後、休みもなかなかとれず、それほど痛みも無かったように記憶している。

スリランカ遠征でも、特に、支障は無かったように思える。

ところが、6月頃から、少々痛みを感じるようになり、気になりだした。

丁度、カンパリ先生のセミナーに参加したとき、西村先生からいい病院があると聞いていたので、今日、診察に来た。

結果、

医者:「緊急は要しませんが、半月板の除去手術の必要があります。」

私:「どれくらい切るんですか。」

医者:「3分の2です。そうすると、4・5年後には変形性関節炎になるでしょう。」

私:「で、どうなるんですか?」

医者:「膝関節が変形し痛みが生じるでしょうから、再度、手術となるでしょう。」

私:「それを避けるための予防方法は無いんですか?」

医者:「体重を落とす。大腿四等筋を鍛える。靴の中敷を敷く。正座をしない。等々ありますが、変形は避けられないでしょう・・。」

私:「・・・」

さて、どうする!自分!?

今日は、確か、13日の金曜日だったな・・


riha

ホームページ更新!

平成24年度昇級審査会
http://shubukai2012.weebly.com/626376.html

肝属地区体育大会空手道競技
http://shubukai2012.weebly.com/726376.html

結果発表!

sasa本日、アダプテッド道場にて昇級審査会の結果を発表しました。

アダプテッド道場の生徒は、空手を始めてまだ10ヶ月。

6名が受審しましたが、8級が2名、7級が4名という好成績でした。

子どもたちは、帯の色が変わると大喜びです。

(写真は、肝属地区大会W入賞のS姉妹)
Profile
Profile
松元 和成
1965年7月15日生(O型)・鹿児島県出身

10歳より空手を始める。福岡県・公認8段位野上修一先生に師事。2000年道場設立。空手道を通じて青少年育成と海外ネットワーク作りに情熱を燃やす。

(資格)
(財)全日本空手道連盟3級資格審査員 
(財)全日本空手道連盟公認五段位(錬士)
日本空手道連合会錬士六段
(財)日本体育協会公認上級スポーツコーチ
(財)全空連 公認全国組手審判員
(財)全空連鹿児島県空手道連盟副理事長

(経歴)
1997 国際交流基金・バングラデシュ指導
2000 国際交流基金・ウルグアイ、ブラジル指導
2002 ワシントン州国際空手道大会優勝
2004 サンフランシスコ空手ホームステイ交流事業実施
Archives
  • ライブドアブログ