『空手道修武会』 松元和成の Best Day, Yet !

修武会代表・松元和成の空手道活動誌。毎日「Best Day, Yet!」と言えるよう日々精進!

2009年09月

第100回鹿屋市吾平町敬老会 演武!

 吾平町の敬老会は、今年で100回目を数える歴史ある行事である。

 地元の催し物で、空手の演武をしたいと思っていたので、今回の敬老会での出演をお願いしたところ、ミニコンサートの中での演武を許可された。

 ミニコンサートは吾平町にゆかりのある演出家、松永太郎氏の作によるもの。その途中でさくらの形を演武させてもらった。

 太鼓と沖縄の三線に合わせて、”公相君大”を演武。軽快な三線のリズムに合わせて、形も打ちやすそうである。

 公相君大が終ると、期せずして観客からアンコールの声が。舞台下で打っていたので見えにくかったことも理由であろうが、嬉しい誤算である。

 今度は舞台上に上がり、”バッサイダイ”の演武を。

 空手の形の魅力を十分に伝えられたのではないでしょうか。 


 (会場の都合で、形の一部を変更しております。)

 (バッサイダイは、スタートボタンを押したつもりが・・。)

本部道場2日目

c807aa1f.jpg 午後12時から葬式が入っておるので、練習は午前中のみ。

 昨日の復習をしながら、回数をこなしました。
 
 「もうひとつの形は何をする?」

 「バッサイダイです!」

 「やってみなさい。」

 (2回ほど演武)

 「・・・、ぱっと、せんねぇ・・。・・・。マツムラバッサイのほうがいいよ。」

 「わかりました。」

 ということで、今年の審査会は、マツムラローハイとマツムラバッサイで勝負します。

本部道場!

9fe724aa.jpg 今日から本部道場での練習。

 毎年、「来るのが遅い!」と叱られているので、今年は何がなんでも早めに行きたいと思っていた。

 シルバーウィークによる渋滞を気にしながら朝8時半に出発。案の定、熊本の菊水I・C近くで渋滞、車が動かない状態に。のろのろで進むとなんと、5台の車の玉突き事故が原因であった。

 あとはさほど渋滞することも無く、午後2時前に道場に到着。

 早速、マツムラローハイの手ほどきを。

 以下、留意点。

 ○出だし、手が先行し、足と同時に開くこと
 ○第2挙動は、肘を前に少し出しながら立てていく
 ○四股での払いは力強く
 ○猫足での掛け手、右手の払いが先行し、掛け手と引き、腰を同時に極める
 ○鷺足立ちからの背刀受けを力強く、指先まできれいにそろえる
 ○右手の巻き込みをしっかりと、鉤突きを少し先まで伸ばす
 ○双手の払いを呼吸に合わせてやわらかく
 ○蹴り殻の回転の着地を、軸足の近くに下ろし、引きを早く
 
 練習が済んだら、温泉。風呂嫌いの私でも、練習後の風呂は至福のひと時である。

 「運動のあとのシャワーの味には、人生で一等必要なものが含まれている。どんな権力を握っても、どんな放蕩を重ねても、このシャワーの味を知らない人は、人間の生きるよろこびを本当に知ったとはいえないであろう」(三島由紀夫)


 

第63回県民体育大会

67a37374.JPG 鹿児島県の県民体育大会は、第1回国体の翌年から、県民の技術力向上等を目的に開催され今年で63回目を迎える。

 いつからかは分からないが、鹿児島市で開催されていたものを、各市郡持ち回りとなったが、その持ち回り方式が、今年をもって最後となることに。

 我が肝属チームは昨年、成年団体組手で初優勝を果たしており、今年は2連覇といきたいところ。また、少年の男女組手も、地元出身の第一高校の選手もエントリーし、少年部も上位入賞を狙いたいところ。

 結果は、成年男子形で新西君が2位に食い込んだのみで、成年も少年も団体組手は一回戦負け。他の種目も振るわず、今年は、ちょっと残念な結果に終りました。
 
 しかしながら、徳永監督をはじめ関係者の皆様には、夏の一番暑い時期から強化練習に取り組んでいただき、その労に感謝する次第です。

 来年の課題は、若手選手の強化だと思います。地元に残った選手を育成し来年は頑張りたいと思います。

 

強化練習

 今日から、伊佐県体が開催される。空手道競技は、明日のみの開催であるが、今日は、選手強化委員会の強化練習が開催されたため、地区の選手団より一足早く会場に向かった。

 練習は、午後2時から。ウォーミングアップを1時間程度行ったあた、形と組手に別れて練習。私は、形の指導を行いました。

 練習が終った後は、審判・監督会議。その後、懇親会が開催され、終了後、選手が宿泊している霧島市まで帰りました。

休日

7eb98903.jpg 久し振りの休日。来週の5連休も県体、本部道場練習と、全て空手の行事で埋められている。

 午前中は、洗車と散髪。

 午後からは、家でごろごろしたあと、車のオイル交換&点検。

 Bruce Springsteenのアルバム、"Working on a dream"も購入。(大分前に出ていたんですね。)

県民大会壮行会

df03b826.jpg 県体の選手壮行会が、開催され出席。

 昨年は、成年男子団体組手で初優勝に輝き、是非とも、今年も連覇といきたいところ。

 大会まであと一週間、チーム一丸となり団結して頑張りましょう。

 (写真は、少年部監督、川越先生。インターハイ準優勝経験者)

夏の思い出

 ずいぶんと、秋めいてまいりましたね。

 ようやく、You Tubeの設定の仕方が分かりましたので、初めて、動画更新してみました。(これまでは、写真がほとんどで、動画はめったに撮ったことはありませんでした。ビデオではなく、デジカメで撮った映像です。)

さくらの九州中体連での演武です。いい夏の思い出です。

 

合同合宿2日目

murase 昨夜は12時まで飲み、2次会のジン・リッキー数杯で轟沈。気がついたら携帯電話がベッドのしたで、ブルブル鳴っていました。(朝の目覚まし)

 2日目の今日は、熊本の村瀬先生の指導。

 村瀬先生:「間合いとは、何ぞや!?相手との距離と考えてはいないか!?」
 生徒:「・・・・?」 
 村瀬先生:「間合いとは、呼吸だよ!!」
 (分かる人はわかるのである。)


 ・呼吸で相手の外をとる方法、
 ・呼吸で相手の出鼻を取る方法、
 ・呼吸で相手の技を殺す方法
 等(いろいろ高度な理論)を指導いただきました。

 「この合宿の6年間で、九州から世界チャンプを出す!」との村瀬先生の意気込みには、参加者も一段と気合が入ったのではないでしょうか。

 長崎国体の後の九州開催地は鹿児島県(H32年)。長い道のりですが、九州一丸となって地道に努力を続けていきましょう。
02
 

九州地区合同合宿

 九州地区では、(何年前からか分かりませんが)次期国体開催地が会場となり、毎年9月の第1土・日に合同合宿を行っております。

 昨年度までは大分で、今年から、平成26年度国体開催地の長崎県で開催されることに。会場はハウステンボス近くの長崎国際大学体育館。開学してまだ10年の新しい大学である。

 鹿児島県からは、コーチを含めて5名で参加。熊本県が不参加でしたが、広島県も弟が引率で参加しておりました。

 初日の今日は、福岡県の谷崎先生と橋口先生の指導と交流試合が行われました。

01
 

 
Profile
Profile
松元 和成
1965年7月15日生(O型)・鹿児島県出身

10歳より空手を始める。福岡県・公認8段位野上修一先生に師事。2000年道場設立。空手道を通じて青少年育成と海外ネットワーク作りに情熱を燃やす。

(資格)
(財)全日本空手道連盟3級資格審査員 
(財)全日本空手道連盟公認五段位(錬士)
日本空手道連合会錬士六段
(財)日本体育協会公認上級スポーツコーチ
(財)全空連 公認全国組手審判員
(財)全空連鹿児島県空手道連盟副理事長

(経歴)
1997 国際交流基金・バングラデシュ指導
2000 国際交流基金・ウルグアイ、ブラジル指導
2002 ワシントン州国際空手道大会優勝
2004 サンフランシスコ空手ホームステイ交流事業実施
Archives
  • ライブドアブログ