『空手道修武会』 松元和成の Best Day, Yet !

修武会代表・松元和成の空手道活動誌。毎日「Best Day, Yet!」と言えるよう日々精進!

2009年04月

第9回九州地区空手道選手権大会

ae4d571d.JPG いよいよ大会を迎えた。ここまでくれば、私の役目もほぼ終了。あとは、審判員の先生方が、大会をスムースにまわしてくれるに違いない。

 沖縄県からも参加があることから、どうして午後4時30分までには試合を終らせなければならない。(飛行機の最終便に間に合わせるため)

 形は、予選を得点制で行い、上位8名〜12名を本戦にあげ、トーナメント制で競う。

 さくらは、予選を2位で決勝トーナメントに勝ち上がったが、準決勝で沖縄の劉衛流の選手に惜しくも負けてしまい3位。しかし、念願の全国大会の切符を初めて手にしたのでした。
 
 シニア女子形、道場生の赤木さんは、第1回大会から出場しており、これまで優勝1回を含むほぼ上位入賞を果たしてきた。昨年は、私の嫁さまに決勝で敗れたが、今年は正月明けから猛特訓を重ねた努力が実を結び、今年は見事優勝。準決勝、決勝と3−2の接戦で見ごたえのある試合でした。

 組手もスムースに進み、午後4時半にはなんとか間に合うことができ、一安心。大会運営も大きなミスもなく、無事終了。まずは一安心できました。

 来年は10回記念大会、福岡県うきは市で開催の予定です。

P1070137-1



 

連合会九州大会へ

 明日は、第9回連合会九州地区空手道選手権大会。今日は、会場設営などが行われるため、選手より一足先に八代市に出発。

 今年2月の九州地区協議会の総会で書記長を拝命してから、ほとんど毎日、この大会の準備のために費やしてきた。なにがなんでも、大会を成功裡に終らせねばならない。

 今年の会場は、八代市総合体育館。コートは8面。

 会場設営やパンフレットの準備など終らせて、ばたばたしながらホテルに帰り、息つく暇も無く、午後7時からは前夜祭。2次会も早めに切り上げて、明日の大会に備えました。

 

この週末

 土曜日、朝8時半、歯科医で歯垢の除去。虫歯の治療にあと3回程度行く必要が
あります。

 その後、ジムに行って筋トレ、1時間弱。帰宅して、連合会九州大会の事務。

 夜は、肝属地区空手道連盟総会。夜中1時過ぎに帰宅。

 日曜は、9時から12時半まで、色帯クラスの強化練習。午後から、書店などへ出かける。渡辺淳一の小説を一冊購入。

 帰宅して九州大会の事務。

 暇なしの週末でした。明後日は九州大会の準備のため、八代市へ。

21年度修武会総会

 練習が済んだ後、21年度総会を開催しました。

 【空手道修武会の基本理念】
 1 礼儀正しく、元気で明るい青少年の育成(礼節)
 2 規律を守り、いたわりの心のある青少年の育成(協調)
 3 自ら鍛錬する、強くたくましい青少年の育成(鍛錬)
 4 正しい空手道の伝承

 以上の基本理念を再度確認し、一年間の行事計画等について協議しました。

 「初心忘るべからず」で頑張りたいと想います。

 現在、少年会員11名。今日は、全員揃いました。
 総会  

1日ドック

 昨年は2日ドックを受けたが、今年は1日ドック。

 それでも、胃カメラと大腸カメラはオプションでお願いした。

 午前8時過ぎに検査が始まり、午後3時前に終了。

 結果、全て異常なし!(これで、一年間はほぼ安心か・・?)

 ただ、視力が、

 右:0.3
 左:0.7

 大分、落ち込んで参りました。

 さて、どうやって回復させるか!?

ドック前夜

 明日は、一年ぶりの人間ドック。

 仕事から帰り、夕食。嫁さまに「今夜は、制限があるのか?」「はい、夜9時までで、アルコール一切禁止、食べられるものは、おかゆかうどんです。」

 「・・・ 量は?」

 「量の制限は書いてありません。」

 「じゃあ、全部出して!」飲めない寂しさを、量で補いました。それでも、雑炊ととうふ!

 一晩の辛抱です!

火の国旗大会出場!

 鹿児島第一高校は、一昨年まで、火の国旗全国空手道大会には出場しておりませんでしたが、昨年から学校の許可を得て参加。

 今年も保護者のたっての希望により学校が出場を許可し、昨年に引き続き出場できることが決まりました。

 私は、元々、審判員で参加することになっておりましたが、楽しみが増えました。
 
 早速、ホテルの予約。さぁ〜、飲み会も段取りますよ!

ウニ・ウニ・ウニ

 夏日和の一日。そして大潮。

 友達と約束をしていた海岸へ、ウニ獲りへ出かける。

 こちらのウニの種類は”ムラサキウニ”。小ぶりだが、なかには身が多いのもある。

 一時間ちょっとで、クーラーいっぱいになった。獲った後は、中身の取り出し。

 ナイフで二つに割り、スプーンで身を取り出す作業。なんともこれが手間がかかる。

 それでも、3時間弱で3人分のウニ丼には十分な量が取れました。夜は、早速、ウニ料理!獲れたては、マイウ〜!

さくら誕生日

4-10 今日は、天皇陛下、50回目の結婚記念日だそうな。

 偶然にも、さくらの誕生日。
 
 いつもなら、父母を呼んで家でのホーム・パーティーが定番なのだが、今年は、家族3人で出かけることに。

 隣町のスパゲティハウス「プリモ・ピアット」に出かけました。

 さくら、コース料理と最後のケーキにご満悦。たまにはいいもんです。

平成21年度 県連総会

 朝、7時過ぎに総会に出発。途中、桜島を通過するが、垂水から桜島まで通過する間に、3〜4回も大爆発が起き、降灰で車の窓は真っ黒!(正確には、灰色)桜島フェリーを降りるときに、係員からホースで水をかけてもらいました。

 そういう中を、鹿児島市内まで馳せ参じたのであります。

 今年は、役員改選の年ということで、1〜5号議案まで決議されたあと、6号議案で21・22年度の新役員を決めることに。

 改選に先立ち、理事以上の7名の先生方で、新役員の候補者を選定することに。

選考委員会が新役員として推薦された先生方は下記のとおりで、総会において、新年度の新役員として承認されました。

【平成21・22年度鹿児島県空手道連盟役員】(敬称略)
 ○会長:森園芳次
 ○副会長:西決造、岩重洋一、青木寿男
 ○理事長:田子山和人
 ○副理事長:井出俊郎、武田敏郎、池田憲典、大野洋之
 ○技術委員長:福迫司男 ○副委員長:里島正志
 ○選手強化委員長:杉本尚喜 ○副委員長:松元和成
 ○審判部会長:高山典作
 ○指導部会長:平田博吾
 ○段位部会長:水町勝也
 ○相談役:今原犬二、久永弘義、米澤次男
 ○事務局長:小溝萬寿雄
 ○監事:久留達夫、家村和千代
 

 
Profile
Profile
松元 和成
1965年7月15日生(O型)・鹿児島県出身

10歳より空手を始める。福岡県・公認8段位野上修一先生に師事。2000年道場設立。空手道を通じて青少年育成と海外ネットワーク作りに情熱を燃やす。

(資格)
(財)全日本空手道連盟3級資格審査員 
(財)全日本空手道連盟公認五段位(錬士)
日本空手道連合会錬士六段
(財)日本体育協会公認上級スポーツコーチ
(財)全空連 公認全国組手審判員
(財)全空連鹿児島県空手道連盟副理事長

(経歴)
1997 国際交流基金・バングラデシュ指導
2000 国際交流基金・ウルグアイ、ブラジル指導
2002 ワシントン州国際空手道大会優勝
2004 サンフランシスコ空手ホームステイ交流事業実施
Archives
  • ライブドアブログ