『空手道修武会』 松元和成の Best Day, Yet !

修武会代表・松元和成の空手道活動誌。毎日「Best Day, Yet!」と言えるよう日々精進!

2008年12月

大晦日

 午前中は、家族全員でトランプ。

 午後から、今年最後の大掃除。

 早めに上がって、皆で年越し。私は12時前には寝ました。

 明日は寒稽古!

 皆様、一年間ほんとうにお世話になりました!ありがとうございました!感謝!

トランプ

 昨日のシッピングでトランプを購入していた。

 夜、嫁さんが寝入ったあと、子供達とトランプしました。

 7並べ、ポーカー、大富豪、お金、四合わせ、ばば抜きにじじ抜き。

 ”スピード”、大笑いしました。

 あ〜、楽しかった!

家族忘年会

5fbe5ee0.JPG 昼間、尚とショッピング。

 毎年恒例の、家族の忘年会を行いました。

 大隅牛!久保田!

吾平道場忘年会

ローハイ 遅くなってしまったが、ようやく吾平道場の忘年会を開催。

 吾平道場は、まだ道場生が少ないので、OBの第一高校生などにも声をかけたところ、30名近くになった。

 皆で一年間を振り返り、楽しい忘年会となりました。

 次は、いよいよ元旦の寒稽古です!

教育面談

 高佑保育園の、今年最後の指導を済ませて、鹿児島第一高校へ。

 尚が、今日帰省することから、教育面談を12時10分から設定してもらっていた。

 定刻前に到着し、尚と面談室へ。「お父さん、何か聞きたいことは?」「う〜ん、特にこれといって・・」「じゃあ、何から話しましょうか?この前の実力の結果を聞かれましたか?」「はい」てな具合で進みまして。

 要は、2年生から、文理に分かれなければならないので、どちらを選択するかということ。勿論、その前に、将来のなりたい職業、希望する大学も決めなければならない。

 私たちの頃は「共通一次試験」、現在は「センター試験」。「先生、今のセンター試験のシステムを教えてください!」と聞いたところ、私達の頃の共通一次とは、大分制度が変わっていることが分かった。

 その後、30分程度面談。現在のところ、まだ、文理も決まっておりませんので、休み期間中にじっくり話してみたいと思います。

仕事納め式

 今年も無事、一年が終了。午後4時から、仕事納め式があり出席。

 市長が、一年間の主な出来事を、順を追って回顧。いろいろありましたねぇ〜。

 特に今年は、行革本部から企画調整課に異動になり、新しい仕事に慣れない中で日々奮闘の連続だったようです。

 来年は5日から。出鼻からまた戦争だろうなぁ〜。

 明日から、しばし休息します。

 

年末年始のシメ

 今年は、最近で一番忙しい年なのに、何故か、年末年始のシメが早い。(”シメが早い”とは方言で、どう書くかはわかりませんが、意味は”段取りがいい”という意味です。)

 確かに、暇だと、”また明日があるや”と思うが、忙しいと計画的にこなさざるを得ない。そういう意味で、計画的に段取り良くできたのかもしれない。(更に、今年は早くからやるべきことを紙に書き出して、済んだものを消し込んでいった。) 

 歳暮の配布も終わり、年賀状も今日でほぼ出し終わった。年始の新年会の段取りも終わった。あとは、年末に大掃除をするくらいか。

 今年の年末年始は、長い連休となる。有意義に過ごさねば。



 

稽古納め

 今日は、本年最後の練習日。仕事も早めに切り上げて、定刻に道場へ。

 残念ながら、欠席が多く、4名のみ。

 それでも、形を中心に稽古に励みました。吾平道場は、28日が忘年会です。

 ○鏡開き:1月1日、午前6時45分
      東串良町柏原海岸

 OB諸君!多数の参加を待っています!

荷掛良二君を偲ぶ会

rec 高山高校々長、永井英樹先生の呼びかけにより、4名のOBが集まり、市内の居酒屋で荷掛良二君を偲ぶ会が行われた。

 私より1級先輩が2名、1級後輩が1名。始めに、全員で荷掛へ黙祷を捧げた。

 皆さんと飲むのは、高校を卒業して初めて。皆さん、高校時代の事を良く覚えていらっしゃる。また、荷掛に関する事件(?)、エピソードも数多く披露された。

 ○荷掛の熱心な勧誘により、部活動で空手道部に入部したこと(私も)
 ○昭和57年は、鹿児島でインターハイが開催され、地元ということで2チームが参加資格があり、2位以内を目指して頑張ったが、準決勝で、ポイントゲッターの荷掛が中段蹴りで反則負けになり、あと一歩で3位となったこと。(この試合、私も負けたような・・)
 ○荷掛が、文化祭の試割りで、ぶっつけ本番で瓦10枚を頭突きで割ったこと

などなど、懐かしい思い出話で盛り上がりました。

 それにしても、荷掛は、やはり強烈なキャラクターだったのでしょうね。できることなら年に一回くらい、こうして会を開いて、彼の事を語りたいですね。

とりあえず、次は、永井先生が来年で定年ということで、定年祝いで集まることとなりました。本当に今日は、懐かしく、とても楽しかったです。

 

第28回小林流空手道錬成大会

 鹿児島市の鹿児島アリーナで小林流の大会が開催され、尚の所属する第一高校が出場するため家族で応援に出かける。

 午前中は形試合だけだろうと思い、昼過ぎに会場に到着すると、「尚君、個人組手、優勝しましたよ!」とのこと。

 気を取り直して、団体戦の応援に勤しむ。

 団体組手、第一高校は3チームエントリーしており、尚のチームは準決勝、決勝と同門対決。共に2−1で下し、団体組手も優勝しました。

 これで、関係する今年の空手道の大会は終わりです。
Profile
Profile
松元 和成
1965年7月15日生(O型)・鹿児島県出身

10歳より空手を始める。福岡県・公認8段位野上修一先生に師事。2000年道場設立。空手道を通じて青少年育成と海外ネットワーク作りに情熱を燃やす。

(資格)
(財)全日本空手道連盟3級資格審査員 
(財)全日本空手道連盟公認五段位(錬士)
日本空手道連合会錬士六段
(財)日本体育協会公認上級スポーツコーチ
(財)全空連 公認全国組手審判員
(財)全空連鹿児島県空手道連盟副理事長

(経歴)
1997 国際交流基金・バングラデシュ指導
2000 国際交流基金・ウルグアイ、ブラジル指導
2002 ワシントン州国際空手道大会優勝
2004 サンフランシスコ空手ホームステイ交流事業実施
Archives
  • ライブドアブログ