『空手道修武会』 松元和成の Best Day, Yet !

修武会代表・松元和成の空手道活動誌。毎日「Best Day, Yet!」と言えるよう日々精進!

2008年11月

六段位審査会!

 昨年はヘルニアの手術で受審できなかった。2年ぶりの今年は7回目のチャレンジとなる。そろそろ今年くらいは・・。

 会場に到着すると、なんと受験者は140名!一昨年は受験番号13番であったが、今年は大きく後退し28番、第2グループとなる。(弟は18番)

 今年の審査員(順不同・敬称略)
 ・荒川通(審査長)
 ・津山捷泰
 ・高島甫
 ・坂上節明
 ・友寄
 ・塩見明
 ・村田寛

 開会式のあと第1グループ20名が審査会場へ。審査会、1グループ(20名)、約1時間かかる。第2グループは昼前から。

 チャレンジを始めて3回目までは、緊張しすぎて、バッサイダイの出だしで勝負ありの感があったが、4回目くらいから、ようやく地に足をつけて形が打てるようになった。

 今回、第一指定形はマツムラローハイ。バッサイダイより入りがし易い。練習では力みすぎていたので、力を抜くことと下半身をきること、気を入れること等に気をつけた。

 鷺足立ちや回転でもぐらつくことなく終了、少し間をおいてバッサイダイに移る。こちらも出だしでぐらつくことなく、そこそこにまとめられた。今までで一番良かった気がする。

 第2グループが終了してから筆記試験。今年は去年までの問題と若干違っていたようである。(弟談:一つ目の形の途中で帰ろうかと思った・・。)

 何はともあれ、今年も無事終了。何度受けてもあの審査会前の緊張は、なんともいえません!
 
 

審査会 前日

fab292dc.jpg 今日から12月議会が開会され、全員協議会が開催される中、許しをいただき、昼過ぎに大阪へ出発。

 ホテルに到着したあと、弟と落ち合い、二人で寿司屋で前夜祭。

 弟は、初めての六段位チャレンジ。一度受けてみれば、その世界がどんなものかわかることでしょう。

本部道場 その4

34720b9f.jpg 夕べの先生との会話で得た出だしの部分を、早朝、早速練習。

 ウシシ、これだ!今までしっくり来なかった動きが180度変わった。これで自信を持ってスタートできる。

 先生「何時に帰る!?」私「ま、お昼くらいには・・」
 先生「合格が出らんと帰れんよ!」私「お願いします!」

 てなわけで、お昼をはさんで午後4時まで!今日は、長男の尚が帰省しているので、早めに帰宅したかったのですが、結局、午後8時半の帰宅になりました。

 しかし、厳しい指導のおかげさまで、納得のいく稽古、自信を持てる稽古が出来ました。

 以下、注意点。(自分の忘備録として記載)

【マツムラローハイ】
・気を入れて掛け手を素早く、拳が腰に収まったら直ぐに鉤突き
・背手受けの前屈立ちを低く 受けでしっかり止める その後巻き込みの動作
・腕の巻き込み動作を正確に 相手を想定してしっかり巻き込む
・3回目の鷺足立ちを見てから早く立ち上がる
・3回目の鉤突きから下段の開手での払い 息を吸って、脇を締めながら払う
・回転の後の運足(引き)を早く
・手刀受けは一挙動で素早く 下がりは大きく下がること

【バッサイダイ】
・抱卵の構えで気を入れる
・突きヵらの同じ手での横受けを力強くしっかりと 間を取る
・手刀払いを素早く
・払いは引き手ではじく
・掛け手は柔らかく 大きく
・鉄槌を力強く
・構えで間をとる 気を入れないと間延びする
・下段払いの姿勢を良く
・肘当ての前屈を深く

【その他】
・審査会は難しいから価値がある
・六段も七段も八段も技法は同じ
・六段で苦労し正しい技法を習得すれば七段は簡単
・ゆっくりするところでも、初動は早く行い緩急をつける(早い技は加速させる)
・いわゆる、目の錯覚を利用する
・間をとる所は気を入れないと間延びする
・力をどこかで逃がしてやる そうしないと力みっぱなし
・相反力を利用する
・引き手、引き手で技の連続を考える(構えの状態で力んでいると切れはでない)

【おまけ】
・先生曰く「合格したら、旨い焼酎でも飲むか!」う〜ん、泣ける!

本部道場 その3

 朝、起きる。やっぱり風邪、治ってない。しかし、行かないわけにはいかない。風邪を引いた自分が悪い。気合で乗り越えるしかない。

 午前9時出発。途中、植木ICの蕎麦屋で昼食をとり、再び高速で、うきは市まで。午後2時過ぎに到着。

 先生も待っておられた。早速、2時半からマンツーマンの指導。8割はワツムラローハイの稽古。

 前回、習ってから2週間、指摘されたところを自分なりに修正。稽古を続ける中で自分なりに疑問も出てくる。今日は、その中の動作で、腕を巻き込んでからの横払いの箇所が、先生の動作を見ているうちに、そのやり方のコツが解けた。

 7時前に稽古を終えて、いつもの温泉と食事の店へ。再び道場へ戻り、道場2階へ。いつもならここで「もう、寝なさい」と戻られるのだが、今日は先生、何か私にいいたそうな雰囲気・・。(結構、二人での会話、緊張します。)

 そこでローハイの出だし(四股立ちでの手刀での払い)の部分について先生に質問。そしたら、昼間の稽古の時には教えられなかった秘伝を話される。

 !!!これだ!これで出だしがしっくり来た。形は出だしが命。これで、出だしが勢い良くスタートでき、形全体の勢いへとつなげることが出来そうです。

 勿論、2番目に打つ、バッサイダイの出来にも影響することでしょう。

 緊張したけど、先生と話して良かった!

ついに・・

322b8c2f.JPG 風邪、ひいてしまいました

 鼻がつまり、喉、頭が痛いです。仕事はなんとか頑張って出てきております。

 今日は、自然治癒力に期待して、水分補給に心がけております。

 明日の朝、ピタッと治ってることを祈ります。

 明日からまた、本部道場に行って参ります。

第28回九州高等学校空手道新人大会・2日目

P1000746 今日の南九州ブロック2回戦を勝ち上がれば、センバツの切符を手にすることができる。

oomura2 鹿児島第一高校、2回戦は男女とも大分県の杵築(キツキ)高校と。男女とも危なげない戦いぶりで勝利、見事男女アベックでセンバツ大会の切符を手にしました。

 準決勝、男子は宮崎第一高校と対戦。先鋒・1年生の森君、取りつ取られつのシーソーゲームを展開、残り1秒で1ポイント取られ惜しくも引き分け。う〜ん、もったいなかった!

 次鋒も負け、中堅のキャプテン富松君に食い止めて欲しいところだったが、残念ながら中堅も負け、宮一に大手をかけられる。副将、1年生新原君、頑張るも負けてしまい勝負有り。大将戦は、尚。相手をよく見る組手で4−2で勝利、何とか鹿一に1勝をもたらしました。(女子も決勝で宮一に負けました。)

 各ブロック、上位4チームで争われる九州大会は、男女団体組手ともに九州学院高校(熊本)に敗退。

 鹿一、最近では出稽古に出かけたり、逆に来られたり。近辺の強豪高と練習試合をこなしているようであります。チームは1年生が多いことから、今後の伸びが非常に期待されるところ。来年3月の全国大会では一つでも上を目指して頑張ってほしいものです。

 

第28回九州高等学校空手道新人大会(センバツ予選)

P1060584 12時までBSの世界選手権を観戦した後、長崎県大村市に向けて出発。午前5時過ぎに会場近くの公園に到着。しばらく仮眠を取りファミレスで朝食。その後、会場の大村シーハットへ。

 「第28回九州高等学校空手道新人大会」(センバツ予選)、初日の今日は、個人形決勝、個人組手と団体組手1回戦が行われる。

 大会は鹿児島、宮崎、大分、沖縄の南九州ブロックと福岡、長崎、佐賀、熊本の北九州ブロックでそれぞれ選抜大会予選が行われ、上位4チーム(個人4人)がセンバツ大会の切符を手にする。

 尚は個人形にも出場しましたが、残念ながら2−3で1回戦敗退。鹿児島第一から出場した男女個人組手の選手もベスト4入り前に負けてしまい、個人戦でのセンバツ大会出場はなりませんでした。






oomura 

 ならば、どうしても組手団体戦は必勝を期したいところ。男女ともに1回戦を突破し、明日の2回戦に進出しました。

 夜は、保護者で懇親会。楽しいひと時を過ごしました。「我々保護者は、さわやかな応援団に徹することを誓います!」

 

世界大会2日目!

dc9c1be9.jpg 今日は、男子団体組手と、男女の個人形が行われる。

 速報で逐次確認していたが、どの種目も決勝まで行かなかったらしい。

 年々世界の壁は厚くなっていきますね。

 明日から長崎県大村市で九州高校新人戦(選抜予選)が開催されので応援に行ってきます。

第19回世界空手道選手権大会!

609ac3f1.jpg 飲み会があったが、9時過ぎに帰宅。テレビで、世界選手権を観戦!この日のためにBSを買ったのだ。放映は、日本人選手の試合をほぼ流していた。

 女子団体組手、見た目、どうも硬い?腰が浮いているように見える。結果、残念ながら、0−2でイタリアに負けてしまう。(敗者復活戦もならず)

 女子団体形、前回決勝、分解で8秒の時間オーバーで失格。その雪辱を果たすべく、決勝はフランス、ゴジュウシホダイとの対戦であったが、見事アーナンで優勝。分解も素晴らしいものでした。
 
 男子団体形は決勝でフランスのウンスーに2−3で惜敗。王座奪回はなりませんでしたが、テレビで見ている限りではどちらが勝ってもおかしくない内容でした。世界で勝つって難しいですね。

 大会を観戦して2つの事に気付きました。
 1 観戦者が少ない!2階、3階席はガラガラ!
 全空連もある程度動員を図っていたようでしたが、それにしても少なすぎる!平日のせいもあってかもしれませんが、空手母国での世界大会がこれじゃ、海外のプレーヤーもちょっとがっかりしたかも知れませんね。(日本でのメジャー度でしょうけど・・。)

2 会場設営が全日本選手権とほぼ一緒! 
 世界大会といえば、会場は極めて暗く、コートだけがライトアップされているのが、これまでのビデオ等から得た印象がありますが・・。
 白を基調としたバックで、”日本式で行く!”、それはそれで構わないのでしょうけど、あまりにも全日本選手権大会と変わり映えのしない設営には、少々がっかりでした。好みの問題でしょうけど。

 何はともあれ、31年ぶりの空手母国ニッポンでの開催。頑張れ!日本選手団!

 

”男の中の漢”古梶好一師範を語る その7

3ed87e57.JPG 今日は、いつもの古梶先生についての話ではありません。

 野上先生から「とにかく毎日練習すること!」との命を受け帰ってきたのですが、そこは、サボりマンの私、自分に甘えようとするのであります。

 昨日も道場で練習し、今日は残業で夜出来ないかもしれないということで、朝練をするように誓い、携帯電話のアラームをセットして寝ました。

 朝、アラームが鳴ります。連日の寝不足で「今日はやはり夕方できるだろうから、今朝はやめよう」と思い、アラームを切りました。auの方ならわかると思いますが、アラームがなるとアラームの時刻が表示されますよね。

 今朝は、その後になんと!古梶先生宅の登録していた電話番号が表示されたのです!

 これまでこういった現象はありませんでしたし、何らかの操作で表示されたにしても、500件近い登録件数の中からよりによって古梶先生の番号が表示されるとは!

 「松元!甘えるな!そんな気持ちじゃ、六段位は合格んぞ!」と活を入れられたに違いありません。

 跳ね起きて、稽古に励みました。”敵は我にあり!”もう、さぼりません!
 
 
Profile
Profile
松元 和成
1965年7月15日生(O型)・鹿児島県出身

10歳より空手を始める。福岡県・公認8段位野上修一先生に師事。2000年道場設立。空手道を通じて青少年育成と海外ネットワーク作りに情熱を燃やす。

(資格)
(財)全日本空手道連盟3級資格審査員 
(財)全日本空手道連盟公認五段位(錬士)
日本空手道連合会錬士六段
(財)日本体育協会公認上級スポーツコーチ
(財)全空連 公認全国組手審判員
(財)全空連鹿児島県空手道連盟副理事長

(経歴)
1997 国際交流基金・バングラデシュ指導
2000 国際交流基金・ウルグアイ、ブラジル指導
2002 ワシントン州国際空手道大会優勝
2004 サンフランシスコ空手ホームステイ交流事業実施
Archives
  • ライブドアブログ