『空手道修武会』 松元和成の Best Day, Yet !

修武会代表・松元和成の空手道活動誌。毎日「Best Day, Yet!」と言えるよう日々精進!

2007年02月

『坂の上の雲』

d86d1382.jpg 早いもので2月も今日まで。今日は採血とレントゲン検査。

 リハビリのバイク30分、今日からストレッチも加わる。散歩1km。

 ついに「坂の上の雲」(司馬遼太郎著)8巻読破。開国後間もなく陸軍海軍を立ち上げ、日清戦争を経て日露戦争に突入していく国家としての明治日本を描いた長編大作。勉強になりました。

仰向け

 術後初めての風呂。抜糸がまだすんでいないので、患部は湯にはつけられない。

 朝1km散歩。リハビリのバイクは23分。途中で臀部がピリピリ痛くなったのでやめる。

 傷口がまだ痛むが、初めて仰向けに寝ることができた。

一時帰宅

d5c3ef8e.JPG 朝1km散歩。一時帰宅してメールをチェック。すぐ病院へとんぼがえり。

 リハビリは低周波とバイク15分。

屋上散歩

07e700d5.jpg 日曜日なのでリハビリは休み。一人で屋上を20分歩く。歩き方がだいぶスムースになってきた。

 日曜日だったので見舞い客も多かった。

バイクこぎ

 ベッドからの立ち上がりがだいぶ楽になる。屋上を30分程歩く。すこしまだぎこちない。

 リハビリは低周波とバイクを10分こぐ。

筋肉痛

 点滴は朝夕2回。術前よりハム、カーフが痛く、再発じゃないか?と不安になる。約40日ぶちにまともに歩いたので、いい意味での筋肉痛であろう。

 リハビリも始まる。今日は低周波治療のみ。

早速、歩行!

 朝6時。ようやく2本目の点滴が終わる。もう一本と思っていたら、「もう終わりですよ。さあ、管も外しますから歩いてみましょうか!」

 さて、ベッドから起き上がろうとする。出来ない。

 「皆、こうするんですか?」ときくと、「皆さんがんばっておきますよ!」とのこと。

 歯を食いしばって起きる。ようやく出来た。「じゃあ、トイレまで行きましょうか?」歩行器を使ってトイレまで歩く。今まで痛かった痛みが消えている!さすが!手術は成功である。

 この日は4回くらい起きて歩行訓練。あしたからどんどん歩いていいとのこと。

 PS)”尿の管”だけは勘弁してして欲しいと、看護士に哀願していたが、”ダメ!”とのこと。装着は麻酔の後なのでどうってことないが、抜かれる時の恐怖ときたら。同年位の看護士に一気に抜かれましたが、思わず”うぁっ!!”っと悲鳴に近いものをあげてしまいました。どのブロック注射より痛かったように思われます。

いよいよ手術

83fa156f.JPG 朝から絶食。7時には点滴が始まる。11時過ぎ、執刀医である院長から手術の説明があった。馬尾神経に触るので、下手をすると神経を傷つけ、そうなると縫合などの処置があるため手術時間は4〜5時間、何事もなくうまくうけば1時間で終わるとのこと。(今までそういう例はににはないらしいが。)

 午後1時半、車椅子で手術室へ。入り口でT字帯をはめあとは裸。エアーシャワーを浴び、手術室へ。看護師が4〜5人で準備をしている。「松元さん、BGMは何がいいですか?」急にいわれても考えつかないので「何でもいいですよ」ということで、長渕剛に。後は看護師と冗談などいいながら先生の到着を待つ。あたりを見回すと隣に黒くて幅のせまいベッドがもうひとつ。「これに移すのですか?」ときくと「そうですよ。麻酔をかけてから皆でひっくり返すのですよ〜。」てなこと。「重いから落とさないでね」とお願い。

 先生が来られてからすぐにマスクから麻酔をかけられる。「強く吸ってください。」といわれ、そのとおりするとものの3回くらいで深い眠りに。

 気がついたら、手術室の入り口。看護師が「松元さ〜ん」と呼んでいる。”あ、もう終わったんだ”という感じ。

 手術は無事1時間程度ですんだらしい。午後4時前には個室へ。一晩はきついときいていた。これから翌朝までがんばろうと思う。体には点滴と尿の管、手術個所から血抜きの管が、両足は血栓防止のためのマッサージ器が。

 看護師に「絶対に一人で寝返りをしないでください。」と注意を受ける。術後何がつらいといえば、寝返りができないことが辛い。横向きにしか寝れないので、肩や骨盤の横の筋が圧迫を受けて痛くなってくる。頻繁に看護師を呼んで向きを変えればいいだろうが、たった二人で「よいしょっ!」っと、大男の向きを変えるのも大仕事である。そう頻繁に呼ぶわけにもいかないので、1〜2時間我慢する。ただひたすら時間が過ぎ去るのを待つしかない。

 点滴が午前6時終了。これで少しは楽になれる。

県下一周駅伝

0e9db16d.JPG 手術前日。午前中は風呂、術後しばらくははいれないので、サウナ等でのんびり過ごす。

 痛みがとれればこんなにうれしいことはない。手術は全身麻酔なので、寝ている間に手術は終わる。手術の恐怖はない。

 午後からは、丁度病院の前を通過する県下一周駅伝大会の応援。

心臓エコー検査

 今日は土曜日ということもあって見舞い客が多い。

 最後の検査、心臓のエコーをとった。異常なしということで無事終了。
Profile
Profile
松元 和成
1965年7月15日生(O型)・鹿児島県出身

10歳より空手を始める。福岡県・公認8段位野上修一先生に師事。2000年道場設立。空手道を通じて青少年育成と海外ネットワーク作りに情熱を燃やす。

(資格)
(財)全日本空手道連盟3級資格審査員 
(財)全日本空手道連盟公認五段位(錬士)
日本空手道連合会錬士六段
(財)日本体育協会公認上級スポーツコーチ
(財)全空連 公認全国組手審判員
(財)全空連鹿児島県空手道連盟副理事長

(経歴)
1997 国際交流基金・バングラデシュ指導
2000 国際交流基金・ウルグアイ、ブラジル指導
2002 ワシントン州国際空手道大会優勝
2004 サンフランシスコ空手ホームステイ交流事業実施
Archives
  • ライブドアブログ