『空手道修武会』 松元和成の Best Day, Yet !

修武会代表・松元和成の空手道活動誌。毎日「Best Day, Yet!」と言えるよう日々精進!

2006年11月

お見舞い

 休みをもらって、鹿児島にある市立病院まで、嫁さまとお見舞い行く。

 昼前到着。面会に行くと本人は至って元気。明日退院するという。

 病院に行くと健康のありがたさを実感しますよね。二人で「梅の花」で昼食して帰る。

スッポン

 こちらでスッポン料理というのはほとんどお目にかかれないが、嫁さまのお父さんが料理が出来るので、(料理屋なんで当たり前なんですけど。)オーダー。

 久しぶりにスッポン料理。外見だけで判断して「気持ちわりぃ〜」と敬遠するのは解らないでもないですが、実際食べてみないとおいしいかそうでないかは、わからないですよね。

 スッポンを一番最初に食べてみようと考えた人、エライですよね。ほとんど亀と一緒ですもんね。

 何はともあれ、久しぶりに旨かったです!

古梶琢也君結婚式

 午前中、酒屋巡り。「兼八」、「耶馬美人」を捜すが、無いかプレミア価格か。収穫は「八幡」。棚に1本置いてあるのを、偶然見つけました。

 披露宴は正午から。ホテルに着くと、野上先生も既に到着されていた。

 古梶君は日体大OB、現在中津消防署勤務の傍ら、中津修武館道場の指導にあたっている。奥さんも空手の国体選手。二人合わせて空手八段。

 会場は、当然、修武会関係者が多数。あちこちお酌をしてまわる。またしても、野上先生からは叱られる・・。

 途中、大学選手権の速報が。近大工が帝京とあたるとの事。(準決勝でと聞いたんですが、準々決勝だったらしいです・・。)学連も今年は50周年記念大会。頑張って優勝して欲しいと、一瞬福岡のI先輩と盛り上がったんですが・・。披露宴が終わる頃、負けたという悲しい知らせが。今年もダメだったか・・。

 披露宴は長く続き午後4時前まで。新西君は呑まずに帰りの運転。また5時間かけて鹿児島まで帰りました。午後10時半帰宅、疲れました。

 

中津へ

 昨日は念のため病院へ。インフルエンザにかかていないか心配だったので診てもらう。結果、ただの風邪。疲れからでしょう、ということで。

 今日は新西君と中津市(福沢諭吉の出生地)へ出発。中津修武館・古梶琢也君の結婚式に出席するためだ。高速走って車で約5時間。午後1時過ぎ、古梶先生宅到着。故・古梶好一先生の墓前にあいさつ。

 平成20年は大分国体だが、空手道競技はここ中津市で開催される。会場はなんと、古梶先生宅まん前!(中津競馬場跡地)。現在、体育館建設が始まっていた。

 久しぶりに中津修武館道場を見学。私も以前2回ほど練習したことがある。2階建ての立派な道場で、先生が亡くなられた後増改築されている。館内には小梶先生の等身大のパネルが2枚、また、全国大会出場等の写真も多く飾ってある。セイエンチンを演武する、古梶先生の木彫りもあった。

 夜は矢津田先輩と一献。麦焼酎『兼八』、初めて呑みましたけど、旨いですねぇ〜。

 

やっぱり風邪

 朝起きて・・?まだ、そんなにはきつくない。午前中はごろごろ。リビングのレイアウトを変えたりしたかったが、どうも気力がわいてこない。

 ようやく起きて午後から、久し振りの墓参り。外は大雨、冷え込んでいる。

 帰宅して、熱が勃発!37.8度。それほどつらくはないが、体中の筋肉が痛い。薬局で買った薬を飲んで休息。

 結局、一日のほとんどを寝て過ごしました。久し振りに一滴も呑まずに寝ました。

風邪?

 どうも昼から熱っ気がある・・。もしや・・風邪?

 隣の先輩が昨日から休んでいるが、今日職場に着くなり「Yさんインフルエンザだったそうですよ!」

 !!

 ひょっとして、うつってないか?

 夕方、体がけだるくて空手休みたかったが、新西君と連絡が取れない。頑張って道場へ。帰り際、皆寒い寒いと言っているが、自分はどうもない。やはり熱があるのか。

 どうせ風邪なら明日は呑めないや・・、と思って帰ってから呑む。

鹿屋道場

 高山道場で、松村ローハイを教えているので、今日は鹿屋道場の生徒に教える。

 みな、興味深そうに聞いている。

 時間の関係で3分の2まで。残りは土曜日に教えます。

高山道場

 新西君が来ないため、田布尾指導員と指導。

 準備運動、基礎体力、基本は必ず行います。

 1時間15分の限られた時間では、形等の練習時間はわずか。しかし、一日1回でも2回でもいいと思います。特に飲み込みの早い子供たちには、意義があるでしょう。

一家団欒

 久しぶりに家族で夕食。おみやげの湯葉や漬け物を開ける。

 瞬く間に完食。

 私も3日ぶりの焼酎。日本酒もおいしかったですが、焼酎もいいですねぇ〜。呑みすぎました・・。

六段位審査会

 朝、2時過ぎから眠れない。1時間おきに目が覚める。6時起床。いつものように練習。すっごく調子がいい。

 8時過ぎ会場の府立体育館へ。一番に審査会場に入り、練習。”あ〜、本番もこんな感じで(バッサイダイ)入れたらなぁ〜”と思う。2回づつ行って控え室へ。

 開会の前に、筆記試験。毎回同じ出題なので、多分満点。

 開会の式。蓮見副会長が「全員合格出来ればいいが、不合格でも来年、再来年も挑戦して欲しい。審査会にチャレンジすることはロマンだ。」とあいさつ。”確かに!”

 審査委員長の村田先生が「一眼、二力、三胆をみます。」とのこと。”なるほど!”

 【審査委員】
 村田寛・荒川通・塩見明・津山(弟)・友寄・山田・坂上節明(敬称略)の7名。
 
 午前10時20分からいよいよ実技審査。私の受験番号は今年は”13番”。(あんまりいい番号じゃないですね。)ついに二桁代になってしまった。

 1番手のKさんのできがすごく良かった。和道のWさんも、落ち着いていてスピード、きれがありいい。私は今年で6回目だが、見ていて合格るならこの人とこの人というのがわかる。(毎年第1グループからは2名程度)

 40分くらい経過していよいよ私の番。やはり少し緊張。体が若干固くなっているのがわかる。

 自己評価は75点?スピード、キレはあったが、やはり固かったか?

 とにかく終わった。あとは結果を待てばいい。

 控え室に帰ると。マスターズチャンプのOさんが。「あ〜ら、松っちゃん!何回目?」「6回目です。」「えっ!?うっそぉ〜?松ちゃん、国体とか出てんだよねぇ〜?」「はい。」「6回って、そんなに下手なの?」「(いゃ、ま、下手という訳じゃないと思うんですけど・・)下手なんです・・。」てな、会話を。

 同じく大阪府連のN先生が「6回!?、そりゃ、何とかせなあかんなぁ〜」と。

 落ちていたらまた来年頑張ります!審査会はロマンだぁ〜!

 
Profile
Profile
松元 和成
1965年7月15日生(O型)・鹿児島県出身

10歳より空手を始める。福岡県・公認8段位野上修一先生に師事。2000年道場設立。空手道を通じて青少年育成と海外ネットワーク作りに情熱を燃やす。

(資格)
(財)全日本空手道連盟3級資格審査員 
(財)全日本空手道連盟公認五段位(錬士)
日本空手道連合会錬士六段
(財)日本体育協会公認上級スポーツコーチ
(財)全空連 公認全国組手審判員
(財)全空連鹿児島県空手道連盟副理事長

(経歴)
1997 国際交流基金・バングラデシュ指導
2000 国際交流基金・ウルグアイ、ブラジル指導
2002 ワシントン州国際空手道大会優勝
2004 サンフランシスコ空手ホームステイ交流事業実施
Archives
  • ライブドアブログ