『空手道修武会』 松元和成の Best Day, Yet !

修武会代表・松元和成の空手道活動誌。毎日「Best Day, Yet!」と言えるよう日々精進!

2005年10月

バッサイダイについて

2c373b14.JPG 「形」は出だしが命。ここでしくじったら致命傷。逆にうまくいけば、気分よく、すすんでいける。バッサイダイについては、次の挙動、後ろへの外受け、ここも難関。バッサイダイについては、この2箇所をクリアーできれば、あとは気をうまく乗せていけるのだが・・。ま、練習が足りないということでしょう。今日は少し気分よくできたような気が・・・。

アリーナ練習2

088f0e0e.JPG 木曜日に引き続き、大隅アリーナにて、一般部の練習。立派な施設が自由にしかも、無料で使用できて、ありがたいものだ。利用者も少なく、2階のスタジオはいつも独占状態だ。施設管理者としては、利用者が多いほうがいいかもしれないが、我々にとっては、少ないほうがありがたい。今日も7名で練習。

 せっかくの日曜日なのに、皆真面目に練習に参加してくれる。こういう意欲的な態度なので、こちらも自然と指導に力が入る。特に初心者なので、悪い癖がつかないように、今の時点で正しい基本を叩き込む必要がある。基本と形みっちりやりました。

結婚式&練習

 結婚当初は月に1〜2回、結婚式に招待されていたが、最近では年に1〜2回、めっきり少なくなった。今年初めての結婚式に招待される。夕方からの披露宴で、練習には間に合いそうもない。下八重指導員が行ってくれることになっていたので、ゆっくり呑むか・・。

 と携帯が鳴る!「先生、試合前なのに来られないんですか!」「・・!、行きます!」披露宴を若干早めに切り上げて、迎えに来てもらい練習へ。一時間は指導できた。練習が済んでから、呑みに行こうかと思ったが、連れがいない。あきらめて帰宅。・・・まっ、いいや。

 

アリーナにて一般部練習会

449ea359.JPG 木曜日は唯一の空手OFF日だが、審査会、大会等があるため一般部のみ練習会を「大隅アリーナ」にて開催。

21−1 11月3日は県下三大祭の一つ、「弥五郎どん」が大隅町(現・曽於市)にて開催されるが、それにちなんで、「奉納武道大会」も開催される。各競技種目が小学校の校庭で一堂に開催される。空手道も伝統ある大会となっており、青空会場にブルーシートを張って行われる、名物大会だ。今年はこれに女性部が全員参加。なかなか気合いが入っている。

rect アリーナの2階は一面鏡張り。形のチェックにはもってこいだ。しかも無料。午後6時半から閉館の10時まで、皆で汗を流す。

arena 休憩時間に、「形の心得」のプリントを配布し、形演武時の注意点、審判員の着眼点等を説明。その後、試合形式で一人づつ形をうつ。特に新人三名は、大会初出場。本番さながらの設定でうたせる。新人さんはワンカンとローハイを打つ予定だが、皆上手。パワーに頼らないので、綺麗だ。ま、大会は一つの通過点。こうして、皆で練習するのが価値があるわけです。普段は飲まないが、帰ってから久しぶりに旨いビールを飲む。もちろん私もやりましたよ!

全日本卓球選手権壮行会

 市内の相撲茶屋で開催される。出場する山下勇樹君は、小学校時代修武会に所属していたが、中学校で卓球部に入り、高校は鹿児島城西高校に卓球の特待生で入学。現在は中国上海市に卓球留学しており、先の県選手権で準優勝し、来年1月に行われる全日本選手権出場(東京体育館)が決まっている。

 壮行会にはお父さんの職場の上司同僚を中心に約50名が出席。空手のつきあいは一時期であったが、教え子が活躍してくれることは、何の競技、分野であれ嬉しく指導者冥利につきる。また、社会人として立派になってくれれば、尚更のことだろう。勇樹君の健闘を祈る!

 

筋肉痛

指導5 最近は朝晩、めっきり寒くなってきた。朝起きると、広背筋、上腕二頭筋が痛い。横受け、手刀払いでは、肩胛骨をグッと入れ込まなければならず、今回の練習でかなり締め込むように注意された。市役所登庁後も5階までの階段を、ゆっくりと大腿筋への刺激を意識しながら、2段ずつ登る。ハァハァ・・。

 夕方は早速高山道場にて練習。野上先生に指導されたことは、理屈やイメージでは理解できる。要はそれを体現できなければ、意味が無いわけだ。「誰が見てもいいものはいい!」確かに。奇人変人と呼ばれるようにならねば。

野上先生・イタリア派遣日本武道代表団壮行会

壮行会1 朝8時、奥さんの美味しい手料理を頂いた後、1時間程度練習。昨日の修正箇所を見ていただく。すぐに直せるものでもないが、昨日よりは若干はいいか・・。



壮行会4 今日は11月23日から29日までの日程で、イタリア国ナポリ市ジャパンウィークに、日本武道団代表として野上先生が派遣されるということで、壮行会が開催される。練習が済んだ後、3人で出席。うきは市長は所用のため欠席であったが、地元選出県議会議員をはじめ、うきは市体育協会長、修武会各道場長、育成会等60名近くが出席。来賓の多くが先生の同級生で「修ちゃん、修ちゃん・・」と呼ばれているのが印象的であった。

壮行会3 「家内は韓国とかあちこち行ってますが、私は海外は初めてで・・」ということで、先生らしい。随行員は田川修武館師範・新野豊文先輩。先生の初期の門下生の一人である。(空手道は沖縄の島袋先生(剛柔)と芦原瑞穂先生(和道)とそれぞれの随行員、計6名。武道団全員で70名程度。日本武道館、日本武道団体協議会等が主催)演武は先生の最も得意とされる形「松茂良ローハイ」。「日本武道の神髄を披露したい」ということで、決められた3分間の中で形の演武と分解をされる。

壮行会2 壮行会は2時間程度で終了。昨日の練習から今日の壮行会まで大変充実した時間を過ごすことができた。午後7時に帰宅。小生宅で反省会。3人でまた飲む。今回の練習で修正されたところを練習せねば。審査会までにもう一回見ていただければ。とにかく練習あるのみ!

本部道場練習

 宝来君、新西君と福岡へ。小生の6段位審査会練習の為と、野上先生の壮行会出席の為だ。8時に集合し出発。車で約5時間。到着後は14時から18時まで練習。久しぶりに野上先生の指導を仰ぐ。

指導1 まずは指定形、バッサイダイ。「(練習を)やってきたか、こんかったかは、一目見ればすぐわかるよ。」と、しょっぱなから厳しい言葉。小生、猫足立ちがどうも苦手。股関節が硬いのが最大の原因だろう。長年やって身に付いてる悪いクセをとるのもなかなかだ。自由形のニーセイシはそれほど修正箇所はない。(といっても、その2・3の修正箇所が大変なんですけど。)ゆっくりやる動作ほど難しいものだ。挙動が違ってスタートしても、極めは同じという動きがなかなか難しい。今回はビデオだけでなく、写真も撮ってもらう。静止画像で先生と自分の形を比べると、格段の差がある。

指導2 今日の練習は無事18時に終了。皆で原鶴温泉の老舗旅館「泰泉閣」へ。三島由紀夫も「運動の後のシャワーには、人生に於いて一等必要なものが含まれている。どんな権力を握っても、どんな放蕩の限りを尽くしても、このシャワーの味を知らない人は、人間の生きるよろこびを本当に知ったとは言えないであろう。」と言っているように、練習後の温泉は格別の味わいだ。いつもは風呂嫌いで、カラスの行水の小生でも、ここの温泉だけはいつも練習後の充実した気分で満たされる。

本堂 その後、近くの居酒屋へ。先生は11月イタリアへ日本武道団の一員として派遣が決まっている。体調管理のため酒も煙草も止められたそうである。さすがである。「先生、次回の随行員は私にお願いしますね!(今回は新野先輩が行かれる。)」「6段とってからよ。」「・・・ハィ・・。」温泉に飲み会付き、恵まれすぎた環境である。

指導3 先生はお寺のご住職。いつもなら道場2階に泊めていただくのだが、散らかっているということで今回は三十六畳大広間に。簡単に床につかしてもらえないのも、修行の一つ。「一晩や、二晩、徹夜してもどうもないやろが・・!」が口癖の宗家であられます。JKFan12月号の「目指せ公認段位!」の大下先生の記事にもあったように、一級資格審査員(公認八段位)の先生方は、「超人」なのである。多分に漏れずうちの宗家も・・。今日は24時で勘弁してもらいました。

行革室懇親会2

 室長宅で、行革室の懇親会。秋の味覚を堪能しました。明日は福岡行きのために、早く帰宅。今日は飲むことよりも食べることに専念しました。

疲れ

 疲れると、ものもらいが出来る癖がついている。昨日からどうも左目に違和感があったが、今朝起きてみると、赤くはれている。「またでた!」と思って、早めに眼科医へ。
 
 ドクター曰く「季節の変わり目は出やすいようです。」それに加えて、連日の夜更かし、呑みすぎも重なっているのだろう。自重せねば。しかし、HP作成でデスクに腰掛けると、時間の経つのをついつい忘れてしますのです・・。
Profile
Profile
松元 和成
1965年7月15日生(O型)・鹿児島県出身

10歳より空手を始める。福岡県・公認8段位野上修一先生に師事。2000年道場設立。空手道を通じて青少年育成と海外ネットワーク作りに情熱を燃やす。

(資格)
(財)全日本空手道連盟3級資格審査員 
(財)全日本空手道連盟公認五段位(錬士)
日本空手道連合会錬士六段
(財)日本体育協会公認上級スポーツコーチ
(財)全空連 公認全国組手審判員
(財)全空連鹿児島県空手道連盟副理事長

(経歴)
1997 国際交流基金・バングラデシュ指導
2000 国際交流基金・ウルグアイ、ブラジル指導
2002 ワシントン州国際空手道大会優勝
2004 サンフランシスコ空手ホームステイ交流事業実施
Archives
  • ライブドアブログ